image

利尻カラーシャンプーで白髪が染まらないという方、
シャンプーの泡立ちが悪いのではないですか?
どんなシャンプーにもいえることですが、汚れすぎている髪だとシャンプーの泡立ちはよくありません。
まずは、乾いた状態でしっかりとブラッシングすること。
さらに、整髪料をつけているかたは、シャンプー剤をのせるまえに、しっかりとお湯で洗い流しておくことが肝心です。
そして、しっかり髪に水分を与えてやること。
こうすれば、しっかりと泡立ちます。

 

シャンプー前の正しいブラッシングの方法

ブラッシングというと、セットするときにするものだと思っていませんか?
実はブラッシングすることで、髪の毛についたほこりなどを取り除くだけでなく、頭皮の汚れを浮かせて、シャンプーで汚れが取れやすくなるという効果があります。
また、髪の長い方は、どうしても髪の毛が絡んでしまっているので、それをほぐしてあげることで、シャンプーのときの髪の毛への負担を和らげることができます。ロングヘアーの方は、まずは髪の毛の毛先のほうからブラッシングして、小分けにして最後に全体をブラッシングしましょう。

 

ブラッシングにより、頭皮にはほどよい刺激が与えられて、血行もよくなります。髪の毛の健康と美髪のためには、シャンプー前のブラッシングを習慣にしましょう。