利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーの使い分け

白髪染め シャンプーとトリートメントどちらがよい?のかって悩むところです。


今現在がまばらな白髪の状態で、まわりに気づかれずにこっそりと染めたい人には、利尻カラーシャンプーがぴったりです。
徐々に少しすつ染まっていくので、明らかに「昨日、染めたよね?」なんて言われたくない男性なんかはいいんじゃないかと思います。


今現在、ヘアーカラーをしている人も、今の毛染めが取れていく前に染まってくるので、違和感なく乗り換えられると思います。


今すぐに染めたい人は、まず、

  • 利尻ヘアーカラートリートメントを2週間くらい使って、
  • その後は併用しながら使うことで、

色を保ったまま乗り換えできます。
染まってしまえば、利尻カラートリートメントはやめてOKです。


白髪の分量によっては、利尻カラートリートメントと併用したほうがいいかもしれません。

⇒白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント、どっちが染まる?

ヘアーカラートリートメントと、カラーシャンプーの使い分けについては、手間とコストパフォーマンスをどう考えるかですね。
髪が長くて、毎日シャンプーする人であれば、カラーシャンプーとリンスをセットで使うのは、トリートメントだけよりも割高になりそうです。(これは使っているシャンプーのコストもかかってくるので、それ次第ですが)


白髪のタイプ別使い分け

  • 全体的に白髪が多い人⇒利尻カラートリートメント
  • 生えぎわやもみあげなど、部分白髪の人⇒利尻白髪隠し
  • 全体的にちらほらとまばらな白髪の人⇒利尻カラーシャンプー、利尻カラートリートメント

染め方別使い分け

  • 少しづつ目立たないようにしたい。生え際の白髪も毎日ケアしたい⇒利尻カラーシャンプー
  • 1回でしっかり染めたい⇒利尻ヘアカラートリートメント
  • 見つけたその場ですぐ隠したい⇒利尻白髪かくし

利尻カラーシャンプーを2年間使い続けてる管理人が選んだのは・・・?


どっちか迷ったらトリートメントがお勧め


白髪染めシャンプーだけだと、ちょっと頼りないんです。
どう頼りないかというと、「美容院で染めたほどには染まらない」ってことです。
光が当たった時に、白髪が見えちゃう感じ。



例えば、同窓会とか、特別な日には、もっとしっかり色を付けたいと思うんです。

そんな時に美容院に行って、染めてもらおうと思ったら、
「昆布のマニュキュアタイプを使ってたら、ヘアダイしたら、すごい緑色になってしまいますよ」
って言われちゃいました。

で、結局、利尻ヘアカラートリートメントを使いました。

トリートメントだと、これだけ染まるんですよね。

利尻カラートリートメント ライトブラウン

※色は一番明るいライトブラウンです。

じゃあ、トリートメントにすればいいじゃない!

て、ところなんですが、トリートメントタイプの白髪染めって、週2〜3回は使わないと色が抜けちゃうんです。

トリートメントと言っても、しっかりと髪全体に塗って、それから10〜15分放置となると、結局手間は普通に白髪染めをするのと変わらないんです。

その手間が面倒でないって人は、トリートメントだけでいいと思います。

でも、お風呂で15分ほどぼ〜っとしてるのはかなり苦痛です。

そこで!

白髪染めシャンプーなんです!

普段のシャンプーを、利尻カラーシャンプーにすれば、トリートメントするのは月に2〜3回くらいで済むんです!

利尻ヘアカラートリートメントが向いている人

  • 毎日長風呂している人
  • 白髪の量が多い人
  • 髪の毛が痛むのが嫌な人

利尻カラーシャンプーが向いている人

  • とりあえず白髪が目立たなくなればいいという人
  • 毛染めに時間をかけたくない人
  • 髪の毛が傷むのが嫌な人

両方遣いが向いている人

  • 髪の毛も傷めたくない、手間もかけたくない、しっかり染めたいという人

もしもあなたの年代が60代、70代で
白髪頭は嫌だけど、ある程度白髪が目立たなくなればいいっていうのであれば、利尻カラーシャンプーだけで十分です。


利尻ヘアカラートリートメント【詳細】

利尻カラーシャンプー【詳細】

利尻白髪かくし【詳細】