利尻カラーシャンプー 楽天

\\白髪染めシャンプー 利尻カラーシャンプー//


利尻カラーシャンプー使ってみました


1000円引きでの詳細はこちらをクリック



 利尻カラーシャンプーの効果について 
利尻カラーシャンプーは、マニュキュアタイプの白髪染めシャンプーです。
市販の白髪染めのように、キューティクルを開いて色素を入れる白髪染めではなく、髪の表面に色を付ける効果で白髪を目立たなくしてくれるシャンプーです。
化学染料を使っていないので、頭皮に負担をかけません。

利尻カラーシャンプーで白髪がうまく染まらないという方

私は全然大丈夫なのですが、利尻カラーシャンプーを1か月使ったのに染まらないという口コミがありました。

利尻カラーシャンプー 染まらないという口コミ
利尻カラーシャンプーを、1月使用しても全く染まらない。髪の毛のボリュームが出てきただけです。何か良い方法があれば教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12127156907

 

利尻カラーシャンプーを1か月使っても染まらなかったという口コミ。
染まらなかった原因があるのでは?


白髪染めトリートメント・白髪染めシャンプーを使うならノンシリコンが必須!


私の体験と重ねてみてわかったことですが、今までにシリコン系のシャンプーをずっと使ってきた人は、髪の表面のシリコンが完全になくなってからでないと染まらないということです。

これは、美容院での毛染めでも同じことです。


利尻カラーシャンプーの効果的な使い方

また、シャンプー後のコンディショナーについても同じことがいえます。
カラーシャンプーを使った後に、シリコン入りのコンディショナーを使えば、次にシャンプーするときには、髪の毛の表面にシリコンの幕ができている状態なので、色が染まりにくいのではないかと思います。できれば、利尻カラーシャンプーと、利尻コンディショナーを合わせて使ったほうが色持ちがよいかと思われます。
コスト的にきついようであれば、せめてノンシリコン系のコンディショナーを選ぶことをお勧めします。


利尻カラーシャンプーの効果的な使いかた

利尻カラーシャンプーは、泡でつつむことで色が染まります。


だから、

  • できるだけ泡立てて
  • しばらく泡のまま放置する
というのが、利尻カラーシャンプーの効果的な使い方です。



利尻カラーシャンプーの効果的な使い方



利尻カラーシャンプーでしっかりと泡立てるコツ

髪の毛の汚れを先に落としておく

髪の毛が汚れすぎていても泡立ちが悪くなります。整髪料を使っている方は特にそう。
シャンプー前には、しっかりとブラッシンツして、髪の毛の表面のほこりなどの汚れをしっかりと落としましょう。


しっかりと髪の毛を濡らす

泡立ちに関していうと、まず、しっかりと髪の毛を濡らすことが肝心です。髪の毛ってある程度水気をはじいてしまうので、シャワーだけではなくて、洗面器にお湯をためて、そのなかに髪の毛を浸す感じ。この水の浸透具合が少ないと、泡立ちが少なくなります。


放置するときのポイント

キャップを被る
泡が逃げないように、しっかりとキャップを密着させるのがポイント。

時間は長い方がいい
5分から15分くらいはおいてください。

ホットタオルを巻くとさらに効果アップ
温めることでさらに効果がアップします。

 

お風呂に入ったら、一番に利尻シャンプーをして、そのあと体を洗ったり、湯船につかったりすればいいですね♪


コチラの画像は、そこまではやっていないんですが、この程度の染まり具合。

利尻カラーシャンプーの効果的な使い方


上の口コミにもありましたが、髪の毛のボリュームが出たというか、1本1本がしっかりして、ハリが出てきた感じです。


なんだ、やっぱり白髪染めシャンプーってこの程度しか染まらないの?

と、感じた方はやっぱり白髪染めトリートメントを使うのが正解です。

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合


白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント、どっちが染まる?


画像は、トリートメントやクリームは全くつけていない状態です。


他の色も使ってみたので、染まり具合を参考にしてみてくださいね。
以下は、効果的な使い方を実践したその後です。

利尻カラーシャンプー 色の出具合・染まり具合


ナチュラルブラウン

利尻カラーシャンプー 画像

ライトブラウン

利尻カラーシャンプーの効果的な使い方

利尻カラーシャンプーの詳細はこちら


⇒利尻カラーシャンプーが染まらないその理由とは?

利尻カラーシャンプーの効果的な使い方 まとめ

利尻カラーシャンプーで白髪が染まらないという方。効果的に染まる方法をまとめましたので、使い方をもう一度チェックしてみてくださいね。


利尻カラーシャンプーで白髪を染めるためにやってはいけないこと

  • シリコン系のシャンプー、コンディショナー、トリートメントを使う
  • パーマをかける

 

利尻カラーシャンプー、利尻ヘアカラートリートメントの白髪染めをすると、パーマがかけられないってことではありません。
パーマの後は染まりづらくなるってことです。


利尻カラーシャンプーで白髪を染めるための効果的な使い方 ポイント

  1. 髪の毛の汚れをしっかりと落とす
  2. 髪の毛にはたっぷり水をふくませて、しっかり泡立てる
  3. 泡で髪の毛をつつんで数分放置する
  4. シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

さらに初めて使う場合のスペシャルケアとしては
多めに使う
しっかりと泡立てて、髪の毛全体を包み込むこと。

髪の毛が密着するようにラップで頭をくるむ
これが最強ですが、シャワーキャップでも。シャワーキャップは頭にぴったりとするサイズのものがベスト。サランラップで巻くのもありです。

湯船につかって放置
温度が高い方が染まりやすくなります。

放置時間は長めに
通常は5〜10分ほどといわれていますが、初めてのときは頑張って2〜30分放置してみてください。

確かにちょっと面倒ですが、最初のうちはこんな感じて続けていけば、普通のシャンプーとして使って、放置時間も短くても大丈夫です♪

利尻カラーシャンプーの後は、リンスは必要?専用でないとダメ?


利尻カラーシャンプー白髪を染める効果と効果的な使い方


シリコン入りのアイテムはタブーと書きましたが、それは、リンスやコンディショナー、ヘアクリームなども同じことです。
白髪染めシャンプーで染まっているのに、その上をコーティングしてしまうと、次にシャンプーしても染まりません
利尻ヘアカラートリートメントなら、トリートメント効果があるのでリンスは不要です。

 

じゃあ、利尻カラーシャンプーを使った後は?


 

利尻昆布の効果で、普通のシャンプーみたいに、シャンプーだけだと髪がきしむということはありません。
同じシリーズの利尻ヘアカラーコンディショナーを使えば、さらに色持ちがよくなります。


なのですが、私は最初の1本だけで、その後はリンスは使っていません。
何故なら、シャンプーと同じ値段なので、リンスしなくてもきしまないし、もったいないなぁと思ってやめました。


 

実は、髪の毛って、頭皮を守るために髪の毛の表面をカバーする自然の力が備わっていて、リンスをしないと頭皮から脂分がでてきて髪の毛をコーティングするようになっているのよ。
だから、シャンプーのあと、リンスをしないと油ギッシュになってしまうんです!


よく、毎日しっかりシャンプーしてるのに髪の毛がべたつくって人いますよね。
あれは、逆に洗いすぎが原因だったりするわけなんです!
だから、リンスをしないっていうのは、やっぱりよくないんです。

そこで私が使っているのはこちらです。

リシリッチ 洗い流さないトリートメント


サスティから発売されている「洗い流さないトリートメント リシリッチ(ヘアクリーム)。
リシリッチを、ドライヤーあとの半乾きの髪につけます。
これで、艶感アップ、まとまりのいい髪になります。ドライヤーの熱からも髪の毛を守ってくれます。

猫毛でふわふわが悩みの私の髪も、なっとくの仕上がり。

リシリッチ 洗い流さないトリートメント


コスパを計算してみると・・・

リシリッチは、150mlが税込み3,240円。
これで、だいたい3か月近く使えるので、1か月分は約1,000円ほど。
これが、利尻カラーケアコンディショナーだと、1か月約1本で税込3,780円。

リシリッチの方が3倍ほどお得ってことになります!

そうそう、利尻カラーシャンプーはお試しはないけど、リシリッチは全額返金保証付きのお試しキャンペーンをやっています!

正規品よりも小さい約1か月分が、1,350円でお試しできます♪
これ、無料サンプルがついているので、まずはコチラを使ってみて、気に入らなかったら返金OKなんです。

利尻カラーシャンプー白髪を染める効果と効果的な使い方


 

返金保証は、まずサンプルを使ってみて、気に入らなかったら返品してOKってことね♪


 

トライアルサイズは60ml入りで約1か月分。
1,350円(税込み1,450円)

2本セットだと、ミネラルイオンブラシのプレゼントもあるのね。


利尻カラーシャンプー白髪を染める効果と効果的な使い方


利尻カラーシャンプーのあと、リンスをどうしようか悩んでいるなら、こういう選択肢もありですね♪

リシリッチのキャンペーンページを見てみる



利尻カラーシャンプー、公式サイト 初めての方だけの特典ページはこちらです。

利尻カラーシャンプー、キャンペーンページを見てみる